あなたならどうする戸建て住宅の頼み方

家族の夢のマイホームいくつかの選択肢


新築一戸建てには、土地と家がセットになっている「建売住宅」と、自分で考えた住宅を注文する「注文住宅」があります。建売住宅は、気に入ればすぐに住むことも可能なのがメリットの一つです。 注文住宅は、完成するまでの期間が長いですが、自分で考えた間取りで建てることができるという楽しみがあります。どちらのメリットも、それぞれの家族の生活パターンに対応でき、自分たちに合った方法を選択するのがいいでしょう。そして、注文住宅を選んだ場合は、様々な種類の業者の選択肢があります。ハウスメーカー、建築事務所、大工さんが個人で経営している工務店など、土地を入手したときに不動産会社を仲介に決められている場合もあります。家族でよく話合いましょう。



注文住宅で気をつけること


新築一戸建てを注文住宅で頼む場合、まず、どの業者にするか決める必要があります。ハウスメーカー、建築事務所、工務店、どの業者を選んでも、一番大切なのは、営業さんや大工さんとの信頼関係を築くことです。特に、営業さんには、自分たちの考えをしっかり伝えておかないといけません。 ハウスメーカーや、建築事務所の場合、プランも充実していて選択肢もたくさんあるので、建てるまでに、入念な打ち合わせを行います。建てている途中で変更点が見つかっても出来ない場合が多いので、家族で充分に話し合いをして、納得のいく意見を出しておく必要があります。工務店の場合も、信頼関係を築くなどは同様ですが、間取りなどは自分たちで考える場合が多いです。なので、大工さんによっては、少しの変更点ならば、途中でも受け入れてくれる場合もあります。どの業者もそれぞれの特徴があるので、慎重に選びましょう。

新築一戸建てを購入する予定があるなら、慎重に業者を選ぶことが重要です。まずは見積書を無料で提出してもらいましょう。複数の業者を比較することもできます。